ソフトB・周東 「正直、少しだけホッとした気持ち」 連続試合盗塁のプロ野球記録「13」でストップ

[ 2020年11月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク11―2西武 ( 2020年10月31日    メットライフD )

<西・ソ>8回、投ゴロに倒れ連続試合盗塁記録が途絶えた周東(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 大記録は止まったが、打線の好調ぶりは変わらなかった。

 連続試合盗塁のプロ野球記録を更新していたソフトバンクの周東は、2安打を放つも盗塁はなし。記録は13試合連続で止まったが、「正直、少しだけホッとした気持ちはあります。また明日から自分の仕事をしっかりできるようにしていきます」とコメントした。

 それでも打線はつながり、15安打で11得点。10―2の9回無死三塁からは、途中出場だったドラフト5位ルーキー柳町が、左前適時打。初安打初打点に「ヒットゾーンに落ちてくれて良かったです」とした。

 工藤監督は「ここ、というところでタイムリーが出たのはいいこと」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース