牛島和彦氏が始球式 監督時代と同じ背番号72で登場「こんなに緊張するとは」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA8-10中日 ( 2019年8月11日    横浜 )

始球式を行う牛島氏(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 05~06年に横浜(現DeNA)監督を務めた牛島和彦氏(スポニチ本紙評論家)が、「70th ANNIVERSARY GAME」のレジェンドOBゲストとしてDeNA―中日戦で始球式を行った。

 監督時代と同じ背番号72のユニホーム姿で登場。ノーバウンド投球に「こんなに緊張するとは思わなかった」。チームには「若手が出てきて厚みが増し、いい投手陣になった。これからが正念場だけど(優勝の)チャンス。頑張ってほしい」とエールを送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年8月12日のニュース