日本ハム・吉田輝星 14日ロッテ戦でプロ3度目の1軍登板へ 栗山監督が明言

[ 2019年8月12日 11:14 ]

日本ハム・吉田輝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝星投手(18)のプロ3度目の1軍登板が14日のロッテ戦(東京ドーム)に決まった。12日のソフトバンク戦前のヤフオクドームで栗山英樹監督(58)が「東京ドームで投げさせる。明日(13日)、合流して明後日(14日)に投げさせるつもりでいる」と明言した。

 吉田輝はプロ初登板初先発だった6月12日の広島戦で5回1失点でデビュー戦白星の快挙を達成。同23日の中日戦は3回5失点で黒星を喫し、その後は腰痛などもあって2軍調整が続いていた。チームは7月に16勝をマークするも8月に入って失速し、近日中にも自力優勝の可能性が消える危機にある。注目度抜群の新人右腕が好投すれば、再び勢いがつく可能性はある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース