DeNA筒香、球団新28度目マルチ弾も空砲…「勝たないと意味ない」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA8-10中日 ( 2019年8月11日    横浜 )

<D・中>2回2死一、二塁、筒香が左翼へ3ランを放つ(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 追い上げた。DeNAは筒香が2回に22号3ラン。5点を追う9回1死二塁では23号2ランを放ち、9日の2発7打点に続いて2発5打点をマークした。ともに逆方向で、28度目のマルチ本塁打は田代チーフ打撃コーチを抜いて球団新記録。しかし空砲に終わり「試合に勝たないと意味がない。それが全て」。主砲は唇をかんだ。

 序盤のリードを投手陣がはき出した。エース今永は5回82球ながら、1~3番の上位打線に6安打されるなど8安打3失点で降板。6回には武藤、藤岡が痛打を食らって逆転を許した。被安打17は今季ワースト。ラミレス監督も「残念ながらリードをキープできなかった」と悔しがった。

 首位・巨人がデーゲームで勝利していた中での試合。筒香は「意識?まだまだそこは考えていない。勝負は9月に必ず来る」。ゲーム差は2に広がった。ここで離されるわけにはいかない。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース