堅守の近江 まさか6失策…有馬主将「走塁の圧力」に脱帽

[ 2019年8月12日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第6日2回戦   近江1―6東海大相模 ( 2019年8月11日    甲子園 )

<近江・東海大相模>6回、マウンドで言葉を交わす有馬(左)と林の近江バッテリー(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 近江(滋賀)の主将で捕手の有馬は「悔いは残るが、今までできていたことができなくなるのが甲子園」と振り返った。

 東海大相模の積極的な走塁にリズムを崩され、滋賀大会で無失策の守備陣が6失策。有馬は2度の送球ミスに「一塁までの全力疾走は滋賀のチームにはなかった。走塁の圧力があった」と脱帽した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース