マエケン8勝目 7回無四球零封 日本人9人目の米100試合先発も達成

[ 2019年8月12日 02:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース4―0ダイヤモンドバックス ( 2019年8月10日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ダイヤモンドバックス>4回、絶妙なスクイズを決めた前田(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田が7回3安打無失点、無四球6奪三振で5月31日以来、71日ぶりの今季8勝目を挙げた。「何とか良くなろうと努力はしてきた。結果につながって凄くうれしい」と振り返った。

 4点リードの6回2死一塁では球宴出場の主砲マルテを内角高めの92マイル(約148キロ)直球で詰まらせて三ゴロに打ち取った。「今までだったら意地になってチェンジアップで三振を取ろうとなっていた。三振だけじゃないアウトの取り方が大事」。打席でも4回に自らセーフティースクイズを決めて貢献した。

 白星から遠ざかり投球フォームに原因を求めた時期もあった。「いろいろやりすぎた。元に戻して修正を加えて、感覚が良くなった」。日本投手9人目のメジャー通算100試合目の先発で長いトンネルから抜け出し「やっと寝られるわ」と安どの表情だった。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース