作新学院・林 昨夏の雪辱10回完投「やっと勝てた」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第6日2回戦   作新学院5―3筑陽学園 ( 2019年8月11日    甲子園 )

<筑陽学園・作新学院> 10回3失点で完投した作新学院・林(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 作新学院(栃木)の林は10回3失点で完投した。2年生だった昨夏は1回戦の大阪桐蔭戦で0―1の8回に救援登板して2失点。結果的に1―3で敗れていただけに「ホッとした。やっと甲子園で勝てた」と安どの表情を浮かべた。

 3―1の9回2死一、二塁から2点三塁打を浴びて追い付かれたが、味方が延長10回に2点を勝ち越した。「闘争心で押していこう」と気持ちを前面に出して10回裏のマウンドに上がり、打者3人で締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース