広島、連夜の終盤逆転負け…首位遠のく3.5差 自力V消滅危機

[ 2019年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-6阪神 ( 2019年8月11日    京セラD )

8回、3点差を逆転されたフランスア(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 広島は連日の逆転負けで首位巨人とのゲーム差は3・5に開いた。11日の阪神戦では3点リードの8回に登板した今村が3連打で2点を失うと1死三塁から救援したフランスアは糸原に同点二塁打を許しカバーに回った左翼西川の失策も重なり、なおも三塁。陽川の遊撃へのゴロが野選となり決勝点を奪われた。

 2試合連続敗戦投手になった守護神は「コントロールができていなかった」と肩を落とした。緒方監督は「また終盤のところでね。(やりくりが難しいと問われ)頑張ってもらうしかない」と投手陣の奮起を促した。早ければ13日にも自力優勝の可能性が消滅する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース