西武・山川、2年ぶり4番外れた 7番で1安打 辻監督「もうちょっと気楽なところで」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4-2ロッテ ( 2019年8月11日    ZOZO )

2回、2死から右越え二塁打を放つ山川(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 西武・山川が「7番・一塁」で出場。4番以外のスタメンは17年9月6日以来となった。

 7月は打率・173、8月も・167と苦しんでおり、辻監督は「もうちょっと気楽なところで。前々から考えていて、粘っていたけど、チームのことを考えると」と説明した。代わって中村が17年8月12日以来の4番に。山川とともに1安打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年8月12日のニュース