“佐々木朗希の女房役”中京学院大中京・藤田V打 春夏通算10勝けん引

[ 2019年8月12日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第6日2回戦   中京学院大中京4―3北照 ( 2019年8月11日    甲子園 )

<中京学院大中京・北照>7回、左前に適時打を放つ中京学院大中京・藤田(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 4番の役目を果たした。0―1の7回に追いつき、なお2死二塁。中京学院大中京(岐阜)の藤田は外角スライダーに食らいついた。「抜けてくれと祈りました」。三遊間を破る決勝打となり、春夏通じて10勝目をもたらした。

 岐阜大会では打率・381も、打点は1。「ふがいない結果」と4番として責任を感じていた。寮の消灯時間ぎりぎりまで毎日500スイング振り込み、その成果を発揮した。

 強打の捕手はU18W杯1次候補に選出され、4月の合宿では大船渡・佐々木の高校最速となった163キロを受けた。次戦は強打の東海大相模で「やられても仕方ないくらいの気持ちで投手の持ち味を引き出す」と好リードと強打で勝利に導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース