大谷 今季7度目の3安打以上、2戦連続のマルチ打点 エ軍競り勝つ

[ 2019年8月12日 06:11 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―4レッドソックス ( 2019年8月11日    ボストン )

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は11日(日本時間12日)、敵地ボストンでのレッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場し、5打数3安打2打点だった。

 初回の第1打席は無死一、二塁から左前打を放ち好機を拡大し、その後エンゼルスはプホルスの併殺打の間に1点を先制した。第2打席は2回2死満塁から中前2点打を放ち、2試合連続のマルチ打点をマークした。

 第3打席は5回先頭で迎え空振り三振、第4打席は7回1死から左前打、第5打席は9回1死から空振り三振だった。大谷の3安打以上は7月31日のタイガース戦以来今季7度目。

 試合は延長10回、エンゼルスが勝ち越し2連勝を飾った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース