中日・福田「完璧」12号V満弾 連敗3で止めた 与田監督「よくひっくり返した」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   中日10-8DeNA ( 2019年8月11日    横浜 )

ヒーローインタビューを終え両手を振る福田(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 今季最多タイ17安打10得点の猛攻を呼んだのは中日・福田だった。11日のDeNA戦で自身2度目となる12号満塁弾を地元・横浜で放ち喜びを爆発させた。「完璧でした!知り合いの方も来てくれていたし、ハマスタのヒーローインタビューもたぶん初めてだったのでうれしいです」。

 3―5の6回、平田の左前適時打などで追いつき、なおも2死満塁の場面。カウント2―1からの4球目、藤岡の外角低めカットボールを強振。右翼席へ放り込んだ一発は、自身16年7月3日の阪神戦以来となるグランドスラム。先発・笠原がプロ最短2回5失点でKO。敗れれば今季最悪借金12を背負う危機で、1分けを挟んで連敗も3で止める千金弾で、与田監督も「よくひっくり返してくれた」と称えた。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース