阪神 42歳福留がルーキーに洗礼 フェンス直撃の先制タイムリー二塁打

[ 2019年8月12日 18:13 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2019年8月12日    ナゴヤD )

<中・神>初回1死一塁、福留は左線に先制の適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島に2試合連続逆転勝ちし、名古屋に乗り込んだ矢野阪神が幸先良く先制した。プロ初先発の中日のドラフト2位・ルーキー、梅津に42歳の福留が洗礼を浴びせた。

 初回1死から糸原が左前打で出塁すると、3番・福留が2ボールからの高め147キロを強振。左翼に高く上がった打球はフェンス上部に直撃し、ボールが転々とする間に糸原が先制のホームに生還した。プロ21年目のベテランが、ルーキーに強烈な洗礼を浴びせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース