ヤクルト高橋4回5失点「同じ打者に打たれたのが反省点」チーム泥沼4連敗

[ 2019年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1-7巨人 ( 2019年8月11日    東京D )

3回、追加点を許したヤクルト先発・高橋は汗を拭いながらベンチに戻る(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト先発の高橋が4回5失点と試合をつくれず。2回無死からゲレーロに外角低めの151キロ直球を右翼席へ、3回には2死一、二塁から高めの149キロを左中間席へ運ばれた。「同じ打者に打たれてしまったのが反省点。ゲレーロは低めに強いので3回は(捕手に)高めに構えてもらったが真ん中に入ってしまった」と肩を落とした。

 チームは今季3度目の4連敗。小川監督は「序盤の失点を防がないと」と厳しい表情だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月12日のニュース