日本ハム 12残塁5連敗…3位転落、自力V消滅危機 栗山監督「前に進むしかない」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0-2ソフトバンク ( 2019年8月11日    ヤフオクD )

チャンスで凡打しベンチで天を仰ぐ中田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 日本ハムは12残塁の拙攻で得点を奪えず、今季2度目の5連敗で3位転落。首位攻防3連戦で痛恨の連敗を喫し、12日にも自力優勝の可能性が消える。

 ミランダから3回は3四球、4回は2四球で満塁とするも後続が凡退。右手を痛めながら4番で3試合ぶりに先発復帰した中田も4打数無安打だった。「栗山流オープナー」の堀が初回を3者凡退で2回から2番手で登板したロドリゲスも5回2失点と力投も勝利につながらず。栗山監督は「勝ち切れなかったことを自分の中で受け止めて前に進むしかない」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年8月12日のニュース