ソフトB また「足攻」!連日の好走塁 福田「うまく隙突けた」

[ 2019年8月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-0日本ハム ( 2019年8月11日    ヤフオクD )

6回無死一塁、打者・甲斐の時に一走・福田は二盗成功(左は中島卓)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは2日連続で「足攻」がはまった。0―0の5回1死、福田が右足への自打球でベンチに下がった牧原の代打として1ストライクから出場。三塁へのバント安打を決めると、続く甲斐は右前にヒットエンドランを成功させた。

 さらに二盗に成功し、明石の2点適時打につなげた。10日も終盤に福田の好走塁から逆転。福田は「また、うまく隙を突けました」、甲斐は「大事な作戦が出た中、役割を考えてうまく決められた」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月12日のニュース