DeNA・筒香、135メートル特大弾も空砲…交流戦優勝も完全消滅

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   DeNA4-8DeNA ( 2019年6月20日    横浜 )

3回2死、右越えソロを放つ筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは3回に筒香が一時勝ち越しの特大ソロを放ったが、空砲に終わった。上原の内角直球を右中間席最上段に運ぶ135メートル弾に「内角の球に対して自分のスイングで強く打つことができました」。

 初回にも適時二塁打を放ったが連勝は2でストップ。勝てば交流戦5年ぶりの勝ち越しが決まる一戦で先発の阪口を1回2失点で交代させたラミレス監督は「重要な試合だし、勝たないといけなかった」と唇をかんだ。これで交流戦優勝の可能性もなくなった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース