日本ハム・清宮2号 2打席連続空振り三振を糧に「自分の間が取れた」

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   日本ハム8-4DeNA ( 2019年6月20日    横浜 )

6回1死、右越えソロを放った清宮はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 三振を糧に、日本ハム・清宮が貴重な同点弾だ。3―4の6回1死、三嶋の低めのスライダーを右中間へ2号ソロ。前2打席は空振り三振だったが「感覚的なものだけど(三振で)自分の間が取れた」と振り返った。

 来年の東京五輪の会場となる横浜スタジアムでの一発に「どこで打ってもホームランは気持ちいい」と話し、栗山監督は「大きな一発だけど、あの三振で“まだまだ勉強しなければ”と、本当に悔しがってほしい」と成長を願った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月21日のニュース