中日・高橋 先制3ランでまさかのハプニング あまりの衝撃に…

[ 2019年6月21日 20:06 ]

交流戦   中日―日本ハム ( 2019年6月21日    ナゴヤD )

<中・日>初回裏2死一、二塁、高橋(中)は先制となる3ランホームランを放ち、ベンチのナインと笑顔でハイタッチ。よく見るとベルトが…(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の高橋にまさかのハプニングが発生。高橋は日本ハム戦の初回、有原から6号先制3ランを放つもどこか落ち着きのない様子で腰付近を押さえながら恥ずかしそうにダイヤモンドを一周した。

 爆笑しているナインに迎えられる高橋をよく見てみると、どうやら本塁打による衝撃でベルトが切れてしまった模様。6試合ぶりの貴重な一発による“副産物”に中日ベンチが沸いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月21日のニュース