ソフトB・甲斐野 神宮“凱旋”登板で初セーブ「これで森さんにバカにされずに済みます」

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク6-5ヤクルト ( 2019年6月20日    神宮 )

プロ初セーブの甲斐野(右)は工藤監督と笑顔でハイタッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野が1点リードの9回を完璧に抑え、プロ初セーブを挙げた。

 1死から山田哲、山崎を154キロ直球で連続三振に斬り、東洋大時代と同じく、神宮で試合を締めた。右上腕部の張りで離脱した抑えの森から、心の持ちようの助言を受けたといい「これで森さんにバカにされずに済みますね」。ウイニングボールはスタンド観戦していた神奈川県在住の兄・祐大(ゆうた)さん(31)に笑顔で投げ入れた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月21日のニュース