DeNA・神里 自身3度目の先頭打者弾「うまく風に乗ってくれた」

[ 2019年6月21日 18:25 ]

交流戦   DeNA―楽天 ( 2019年6月21日    横浜 )

<D・楽>初回無死、右越えソロを放つ神里(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの1番・神里が初回、自身3本目の先頭打者本塁打を放った。

 2ストライクからの3球目、甘く入った120キロのスライダーを捉えると、高く上がった打球はそのまま右翼スタンドに舞い降りた。

 先制の6号ソロは、6月15日のソフトバンク戦以来21打席ぶりの安打。先頭打者弾は4月13日の広島戦以来となった。

 神里は「うまく風に乗ってくれた。追い込まれていたので、逆方向を意識したことがいい結果につながったと思う」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月21日のニュース