中日・柳 交流戦3戦3勝!ハーラー単独トップ8勝目は「周平様のおかげ」

[ 2019年6月21日 21:30 ]

交流戦   中日4―2日本ハム ( 2019年6月21日    ナゴヤD )

<中・日>ハーラートップの8勝目を挙げた柳(左)は、決勝ホームランを放った高橋と笑顔で談笑する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日先発の柳が7回6安打1失点の好投でハーラー単独トップとなる8勝目。これで自身は5連勝。今年の交流戦は3戦3勝で防御率0.78と抜群の成績を誇るも「こんなもんで終わるわけにはいかないのでもっともっと活躍してドラゴンズを勝たせられるように頑張りたいと思います」と更なる活躍へ意気込んだ。

 この日はパ・リーグトップ8勝を挙げている有原との投げ合い。柳は明大時代に東京六大学野球で早大の有原との対戦経験もあり「彼がいい投手というのは分かってた。しかしチームが連敗していたのでそれを止めたいという思いでマウンドに上がった」とコメント。さらに「初回の高橋周平様の本塁打が非常に良かったです」と初回に先制3ランを放った先輩に感謝した。

 柳は昨年6月1日の日本ハム戦に1回0/3を6失点で黒星。「これまで情けない思いをしてきて、そういう情けなさが原動力になって今年1試合1試合迎えられてる」と昨年までの反省が飛躍の要因のひとつになっていると喜んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース