巨人・原監督、重信に苦言「スタートを切れないのは、おまえさんの特徴としていけない」

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   巨人4-2オリックス ( 2019年6月20日    東京D )

厳しい表情で試合を見守る原監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人の原監督が20日のオリックス戦で厳しい表情を浮かべ、ベンチで重信に苦言を呈す場面があった。7番で先発出場し、0―2の5回1死でK―鈴木からチーム初安打となる中前打。50メートル5秒7の俊足が売りだが、続く炭谷への3球でスタートを切ることができずに遊ゴロ併殺打となった。

 指揮官は「2点ビハインドで3球あってスタートを切れないのはおまえさんの特徴としていけない。スタートを切れる選手にならないといけない、と言いました」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月21日のニュース