オリK―鈴木「8回は慎重になりすぎた」西村監督は継投失敗反省、交流戦V完全消滅

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   オリックス2-4巨人 ( 2019年6月20日    東京D )

力投する先発のK-鈴木(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 オリックスの先発、K―鈴木は20日の巨人戦で好投もむなしく今季最長の8回につかまった。2死から亀井、坂本勇と2四球を出し、6回に本塁打された丸を迎えたところで交代。だが、救援した近藤が丸に2点三塁打を浴びて、逆転負けとなった。

 K―鈴木は「8回は慎重になりすぎた。6回のホームランは防がないといけない」と反省したが、西村監督は「あそこまでよく投げてくれた。申し訳ないことをした。(近藤を)いかした自分の責任」と継投失敗をざんげ。かすかに残っていた交流戦優勝も完全消滅した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース