広島・西川 打った瞬間弾!山岡から勝ち越し2ランで2戦連発

[ 2019年6月21日 19:17 ]

交流戦   広島―オリックス ( 2019年6月21日    マツダ )

<広・オ>3回裏2死二塁、西川は右越えに2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・西川龍馬内野手(24)は、同点の3回2死二塁で、フルカウントからの内角高めの直球を叩いた。右翼ポール際への打球は、打った瞬間に飛距離十分。問題はフェアかファウルか…。バットを持ちながら心配そうに歩き出すと、右翼ポールに直撃する勝ち越しの5号2ランとなった。

 「打ったのはストレート。いい反応でうまく回ることができました」

 2試合連続での「3番・中堅」での先発。20日ロッテ戦でも中堅右に4号2ランを放っており、2戦連発で3番の仕事を果たした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース