中日・高橋 壊れたベルトで決勝3ラン!柳8勝目後押しも「もう打てないと思います」

[ 2019年6月21日 22:07 ]

交流戦   中日4―2日本ハム ( 2019年6月21日    ナゴヤD )

<中・日>初回裏2死一、二塁、先制3ランホームランを放った高橋は、切れたベルトを押さえ一周する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の高橋が日本ハム先発の有原から初回に6号先制3ラン。この一撃が決勝点となり「チャンスで何とか点を取りたかったのでランナーを返せて良かったです」と喜んだ。

 高橋はこの時、ベルトを押さえながらダイヤモンドを一周。本塁打の衝撃でベルトが壊れしまったと思われていたが試合後のお立ち台で「打席に入った時にベルトを壊してしまいまして…そのままいった結果が本塁打になって良かったです」と衝撃のエピソードを告白。ファンの笑いを誘った。

 今季6本中3本が柳の登板時という相性の良さを発揮。ハーラー単独トップ8勝目を挙げた柳から「(いつも)ありがとうございます」と感謝の言葉を伝えられると「もう打てないと思います」と後輩への“愛のムチ”でスタンドは爆笑に包まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月21日のニュース