阪神 2回に追加点 木浪の右前打から打線つながる

[ 2019年6月21日 19:03 ]

交流戦   阪神―西武 ( 2019年6月21日    甲子園 )

<神・西>2回無死、木浪は右前打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神が1点リードの2回にすぐさま追加点を記録した。先頭・木浪が右前打で出塁すると続く西が犠打を成功。近本がニゴロ、糸原は四球で2死一、三塁にチャンスを広げ、3番・糸井がきっちり右前適時打を放った。

 前日の楽天戦で消極的走塁から“懲罰交代”を食らったルーキーの木浪。翌日の第1打席で安打を放ち、貴重な追加点を演出した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース