紅龍旗争奪野球 トヨタ自動車7回コールド発進

[ 2019年6月21日 05:30 ]

スポニチ後援 紅龍旗争奪野球 ( 2019年6月20日    東京D )

 1回戦2試合が行われた。トヨタ自動車(自動車)は、コニカミノルタ東京サイト(光学)を7―0のコールドで下し、キャプティ(設備)は大陽ステンレススプリング(電子・通信)を1―0で破った。きょう21日は準々決勝2試合が行われる。

 トヨタ自動車は、今大会限りで野球部を引退する塚脇佑介が6回を完全に抑えた。6三振を奪う快投に「ゲームをつくる役割ができた。リズム良く楽しくやろうと心掛けた」と胸を張った。2番手の藤村も1四球のみの1回無安打。榎本克成監督は「塚脇が良い投球をしてくれた。引退をみんなで盛り上げて良い試合をしていきたい」と話した。

 キャプティは、先発の森山が9回を2安打に抑え完封勝利。7回まで両チーム無得点の投手戦を制し「序盤は直球で押して、後半は低めの変化球を使ってゾーンで勝負できた」と振り返った。高橋智史監督は「森山は回を増すごとに成長を感じた」と称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース