広島ドラ1小園「日本一のショート」への第一歩 1軍初出場初先発で初打席初安打

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   広島ーロッテ ( 2019年6月20日    マツダ )

初回、西川の右越え適時三塁打で生還しナインとタッチを交わす小園 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 黄金ルーキーは、やはり違う。広島・小園が重圧をあっさりとはね返した。20日のロッテ戦で田中広の連続フルニング出場をストップする形で「1番・遊撃」でプロ初出場。初回、先発・種市の148キロ真っすぐをフルスイングで空振りすると2球目の直球も強振してファウル。そして3球目。外角のフォークを巧みなバットコントロールで拾った一打は左前で弾んだ。

 「田中広輔さんがずっと守ってきたところに入れさせていただいた。1軍のショートをしっかりやろうと思った」

 2打席目以降は2三振に6回の満塁機では左飛に終わるなど快音を発することはできず5打数1安打。8回にはプロ初失策も記録し9回の守りから途中交代。デビュー戦を「40点」と辛めに自己採点した。

 開幕を1軍で迎えたが出番はなかった。2軍では打率・189と低調も最近4試合連続安打。昇格を決断した首脳陣の“勝負手”は実った。交流戦12球団ワーストのチーム打率・213の打線が7点を奪ったのは、小園抜きでは語れない。緒方監督も「初打席初安打が出るのだから持ってるよね」と称えた。

 同学年にロッテ・藤原、中日・根尾らがいる「黄金世代」。野球はもちろん、多くの面で刺激を受け続けてきたライバルたちに、改めて自身の存在を認識させた。記念球は両親に贈る。「ミスと三振という悔しい結果も糧にしてやっていきたい」。目標に掲げた「日本一のショート」への真の第一歩。リーグ王者を刺激する「新風」が確かに吹いた。(河合 洋介)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月21日のニュース