大阪桐蔭・中野主将 夏へ「“悔しさの意地”でやっていきたい」

[ 2019年6月21日 18:20 ]

<第101回全国高校野球選手権大阪大会>組み合わせ抽選会が終わり報道陣の取材に答える大阪桐蔭・中野主将(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 夏の甲子園大会2連覇を目指す大阪桐蔭の初戦(2回戦・15日花園9時開始予定)の相手は東淀川に決まった。

 主将の中野波来外野手(3年)は「秋、春と負けて悔しい思いしかしていない。夏へ向けて“悔しさの意地”を持って、やっていきたい」と気持ちを引き締め直した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース