西武・山川、先制27号で4連勝貢献 交流戦優勝に望み「勝ちにつながったのはよかった」

[ 2019年6月21日 05:30 ]

交流戦   西武2-1中日 ( 2019年6月20日    ナゴヤD )

中日に3連勝し、ホームランを放った山川(右)は笑顔でナインとハイタッチする(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 西武の山川が2回に左翼へ先制の27号ソロを放ち「勝ちにつながったのはよかった」と振り返った。今季最大9試合のブランクがあったが、今カード3試合で2発。「少しずつ良くなってきている」と話した上で「打ち方や間合いがもう少し良くなれば本塁打になる確率も上がる」と満足はしていなかった。

 チームは4連勝で今季最多の貯金4。交流戦4位に浮上し優勝の可能性が出てきた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月21日のニュース