阪神・梅野3戦連続マルチ 零敗の中に光 打率3割台再浮上

[ 2019年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0―4広島 ( 2019年5月18日    甲子園 )

7回無死、梅野は左翼線二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 悔しい零敗の中、梅野が3試合連続のマルチ安打を記録した。まずは2回無死一塁で、ジョンソンから三遊間を破る安打を放ち好機を拡大。7回先頭の第3打席では、2番手・一岡から左翼線を破る二塁打で出塁した。いずれも得点にはつながらなかったが、好調を維持した。

 「今日はチャンスメークという形になった。自分のやるべきことをしていくだけです」

 表情は最後まで厳しかったが、一度、3割を切った打率は・313まで浮上してきた。主軸の後を打つ6番打者として、相手投手陣にプレッシャーを与え得る貴重な存在だ。

 「プロとして、ファンを喜ばせること、勝つことを考えていきたい。また来てもらうために、そういう日を増やしていきたい」

 この日、今シーズンの観客動員が100万人を突破した。応援の力の大きさを再確認したからには、カード3連敗だけは避けねばならない。勝利への思いを一際強くして、きょう19日へと向かう。(巻木 周平)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース