西武・山野辺が痛恨の失策 悪送球で逆転許し「申し訳ない」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―2オリックス ( 2019年5月18日    京セラD )

4回2死二、三塁、高城の三ゴロを三塁・山野辺が悪送球(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 西武はドラフト3位の山野辺の痛恨の失策で逆転負けを喫した。1―0の4回2死二、三塁。高城の三ゴロを三塁手・山野辺が一塁に悪送球し、この間に走者2人が生還して逆転を許した。

 本職は二塁手で、三塁手の経験が少ないが「(送球を)急いでしまった。投手にもチームにも迷惑をかけて申し訳ない」とうつむいた。それでも辻監督は「それも経験。あの2点がなくても、どうなっていたか分からない」と責めなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月19日のニュース