中日・清水が本拠地初白星「打線の皆さんに感謝」

[ 2019年5月19日 18:30 ]

セ・リーグ   中日5―4巨人 ( 2019年5月19日    ナゴヤD )

<中・巨(8)>プロ2勝目を挙げ、溝脇(左)、ビシエド(右)とお立ち台でガッツポーズする清水(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の2年目右腕・清水達也(19)が19日、本拠地・ナゴヤDでの巨人戦に今季2度目の先発登板。5回89球を投げ、4安打2失点の好投でホームでは初白星となる今季2勝目(0敗)を挙げた。

 ホームでの登板については、「緊張もしましたし、初回、本当にいったい何点取られるのか(と思って)、2点で終わって良かったです」と振り返った。

 3回、2死一、三塁のピンチについては、「フォアボールを何個出そうと、0には絶対抑えようと自分の中で思ってたので気合で抑えました」と語った。

 マウンド上での心境については、「やはり、ストライクを投げて打たれて学ぶことも多いですし、挑戦しないと何も始まらないので、そこだけは、しっかり自分の中でそういう信念を持って投げました」と述べた。

 5回の味方の逆転劇で勝ち星が付いたことに「本当に打線の皆さんに感謝です。出来過ぎです」と素直な気持ちを伝えた。

 今後については、「連敗を止められたのは、本当に良かったですし、攻撃の皆さんがいっぱい打ってくれて、後のピッチャーも抑えてくれたので、今度は自分がチームを助けられるように、もっともっと勝っていきたいと思います」とさらなる活躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月19日のニュース