ソフトB千賀、1時間中断後に3者連続K 集中切らさず7回1失点 パ投手4冠

[ 2019年5月19日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1日本ハム ( 2019年5月18日    リブワーク藤崎台 )

熊本のファンの前で力投する千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 0―1の4回終了時に雨で中断。約30分が経過すると、ソフトバンク・千賀は外野を走り「ここで自分の投球ができれば流れが来ると思った」と再開に備えていた。キャッチボール、さらにブルペンで投球練習も行った。「もう一回つくり直す気持ちだった」と集中力は切らさなかった。

 1時間後に始まった5回の投球は圧巻だった。中島、西川、大田から3者連続空振り三振。「ああいうグラウンド状態なので全部三振を取るつもりだった。前に飛ばさせないように」と胸を張った。直後の攻撃で打線が2点を奪い、逆転。エースの気迫は伝わった。

 7回4安打1失点9奪三振でハーラートップタイの5勝目。それも2位・日本ハムを叩き、2・5ゲーム差に広げる白星だ。勝率10割、防御率1・26、80奪三振と圧倒的な数字でパ・リーグの投手4冠に立った。6年前に中継ぎでプロ初勝利を挙げた思い出の地、熊本でのヒーローインタビュー。当時と変わらず、外野席にせり出すクスノキを眺めながら「(6年前は)足が震えていたのを今、思い出しました」と懐かしんだ。  (川島 毅洋)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース