中日 接戦制し連敗ストップ!ビシエドV打、清水5回2失点で2勝目

[ 2019年5月19日 17:33 ]

セ・リーグ   中日5―4巨人 ( 2019年5月19日    ナゴヤD )

<中・巨8>5回1死満塁、逆転の2点適時打を放つビシエド(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日が接戦を制し、5―4で巨人を相手に逆転勝ちを収めた。1点ビハインドの5回に1死満塁からビシエドが逆転適時打。先発の清水は5回89球を投げ、4安打2失点と試合を作り、今季2勝目(0敗)を挙げた。負けると、今季ワーストの借金6という状況で踏ん張り、連敗を2で止めた。

 1点を追いかける5回、1死走者なしから相手先発・山口に対し、1番・溝脇と2番・福田の連打、3番・大島への死球で満塁。続く4番・ビシエドがカウント1-1から148キロの直球を振り抜き、中前へ逆転となる2点適時打を放ち、逆転に成功した。

 その後も6回に、1死二塁の場面で代打・堂上が起用に応える中前適時打、8回には2死一、三塁から大島の適時二塁打で追加点を奪った。

 最後は鈴木が代打・大城にソロを許すも後続を打ち取って試合を締めた。

 巨人は、初回に1番・山本と2番・坂本の連打や亀井の適時二塁打で2点を先制したが、先発の山口が5回1/3を4失点と粘ることができず、救援陣も打たれて敗戦。最終回に代打・大城のソロで1点差まで詰め寄るも、あと一歩及ばず。敵地での同一カード3連勝とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月19日のニュース