広島・磯村 第2打席は二ゴロ 連続出塁は7打席でピリオド

[ 2019年5月19日 15:14 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年5月19日    甲子園 )

<神・広>3回1死一塁、磯村は二ゴロに倒れて連続打席安打がストップ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島の磯村嘉孝捕手(26)が19日の阪神戦(甲子園)に「6番・捕手」で先発出場。初回の第1打席で6打席連続安打が途切れたのに続いて第2打席では二ゴロに倒れ、7打席連続出塁でピリオドを打った。

 磯村は12日のDeNA戦(マツダ)の第2打席から6打席連続安打を続け、この日はスタメンマスク。初回の第1打席は敬遠気味の四球で歩かされて連続安打は6打席で途切れたが、連続出塁は7打席に伸ばしていた。

 だが、3―0で迎えた3回、1死一塁で入った第2打席では二ゴロ。連続出塁は7打席で止まった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース