ソフトB降雨コールドで逃げ切り3連勝!工藤監督、鹿児島9連勝に「勝つところを見せられて良かった」

[ 2019年5月19日 17:41 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―2日本ハム ( 2019年5月19日    鹿児島 )

<ソ・日>コールドゲームで勝利しファンへあいさつする(左から)倉野コーチ、工藤監督、立花コーチ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが3連勝を飾り、貯金を7とした。試合前から雨が降る天候の中、初回にグラシアルの中越え2ランで先制。3回には川島、4回にはデスパイネにも一発が飛び出し、5回終了時に降雨コールドで逃げ切った。

 チームは鹿児島では95年から9連勝となり、工藤監督は「今日しか見られないファンの方もいたと思う。天候が良くない中、たくさんのファンの方に応援してもらって、勝つところを見せられて良かった」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月19日のニュース