ロッテ荻野、5年ぶり先頭弾「自分のスイングができている」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―6楽天 ( 2019年5月18日    ZOZOマリン )

荻野は先頭打者弾を放ちナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテは荻野の5年ぶりとなる先頭打者本塁打を含む3安打3打点は実らなかった。「自分のスイングができている」と石橋の直球を左中間越え2号ソロ。前回はランニングホームランだが、この日は会心の一撃だった。

 2回は2点適時二塁打。8回は左越え三塁打とサイクル安打も単打を残すのみだったが「塁に出ることだけ考えた」と振り返った。球団のファン投票「イケメン5」では15年の第1回から3年連続1位で殿堂入りしたイケメンだが、女性ファンが観客席の約半数を占めた「レディースデー」で勝利の主役とはなれなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月19日のニュース