中日、巨人に連敗で借金5逆戻り 与田監督はメルセに脱帽「低めの制球素晴らしい」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―5巨人 ( 2019年5月18日    ナゴヤD )

巨人に連敗し、険しい表情で頭を下げる与田監督(中)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は8回のビシエドが放った適時打で零敗を免れるのがやっとだった。今季ワーストタイの借金5に逆戻り。与田監督は「メルセデスは低めのコントロールが素晴らしいし、左右にも投げ分けてくる。すべてのボールを追いかけると(攻略は)難しい」と7回5安打に封じられた左腕に脱帽した。

 先発した柳は2回無死二塁からゲレーロに先制2ランを浴びるなど3回までに5失点。「しっかり投げ切れず、厳しいゾーンで勝負することができませんでした」と肩を落とした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース