広島ジョンソン3勝目 昼間は抜群安定感 20回連続無失点

[ 2019年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―0阪神 ( 2019年5月18日    甲子園 )

ヒーローインタビュー後、レフトスタンドのファンの歓声にこたえるジョンソン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 “昼顔”のジョンソンがチーム6連勝に貢献した。角度のある直球にツーシームを織り交ぜ、3戦連続となる6回無失点。11日のDeNA戦に続き、今季3勝目をマークした。

 「初回にバタバタしたけど、うまく、まとめることができた。全体的には良い感じで投げることができた」

 3回までは毎回先頭打者に安打を浴びたが、2回1死満塁など要所を締めた。「打たれても、後を抑えていく意識の中で粘れた」。高い修正能力を発揮し、阪神打線に決定打を許さなかった。

 昼間の頼もしさは別格だ。今季ナイターでは登板4試合で0勝3敗だがデーゲームでは一変。登板4試合で3勝0敗となり、4月21日DeNA戦から20イニング連続無失点と抜群の安定感を誇る。

 緒方監督からは「走者を出して苦しいところもあったけど。石原も盗塁を刺してくれたり粘り強くリードしてくれた」と、石原とともに称えられた。今季初の貯金5を呼び込む快投。助っ人左腕は「まだまだ連勝を伸ばしていきたい」と結束を強調した。(湯澤 涼)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース