ヤクルト村上、大谷超え高卒2年目11号 打点はリーグトップタイ

[ 2019年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―11DeNA ( 2019年5月18日    神宮 )

4回1死一、二塁、同点3ランを放つ村上(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは村上が打点をリーグトップタイの33に積み上げた。3点を追う4回1死一、二塁から、上茶谷の内角への速球を右中間席へ11号3ラン。「本塁打を打てたことは本当に良かった。(数字は)意識していない。一打席一打席、集中してやっている結果」と話した。

 一時は同点に追いつく一発は高卒2年目以内のシーズンではエンゼルス・大谷が日本ハム2年目の14年に記録した10本を超えた。それでも、投手陣が崩れ今季ワーストの4連敗に小川監督も「点は取れたけど、取られてしまった」と渋い表情だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース