法大・安本が決勝点演出 連続本塁打止まるも笑顔

[ 2019年5月19日 05:30 ]

東京六大学野球   法大2―0早大 ( 2019年5月18日    神宮 )

8回2死、左翼へ二塁打を放つ法大・安本(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 法大は三浦銀二投手(2年)の7安打完封の好投で早大に先勝した。注目の安本は4打数2安打ながら、連続試合本塁打はストップ。六大学新記録はならなかったが、勝利を呼び込んで「記録は意識したくなかったけど、球場の(記録を期待する)雰囲気を感じた。でも、本塁打は狙ってない。自分の仕事ができて勝ててよかった」と話した。

 3打席ノーアーチで迎えた8回2死無走者から決勝点につなげる左翼線二塁打。新記録は逃しても、慶大・岩見(現楽天)に並ぶ5試合連続本塁打に「記録に残るのはうれしい」と笑顔だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース