日本ハム 大渋滞で開始遅れる 栗山監督「何があっても言い訳にしてはいけない」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2ソフトバンク ( 2019年5月18日    リブワーク藤崎台 )

5回1死二塁、今宮の打球を悪送球した左翼・近藤(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハムは再開直後の攻守で集中力を欠き逆転負けを喫した。1―0で4回を終えて雨天で1時間中断も、5回攻撃は中島、西川、大田が3者連続三振に斬られ、守備では左翼・近藤の失策や捕手・清水の捕逸も絡んで2失点で逆転を許した。

 雨天のため球場での試合前の練習が行えず、付近の施設で実施して球場に向かったが大渋滞で試合直前に到着。試合開始が13分遅れるドタバタの一日だったが、栗山監督は「それはお互いさま。何があっても言い訳にしてはいけない」と険しい表情だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース