ラミレス監督の予言通り!DeNA・ソト 復調の今季初猛打賞

[ 2019年5月19日 20:11 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2019年5月19日    神宮 )

<ヤ・D>5回1死三塁、ソトが左前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DeNAのネフタリ・ソト内野手が今季初の猛打賞をマークした。

 初回の第1打席で左前へ当たりに好走塁で二塁を陥れた。4回は先頭で四球を選び、5回1死三塁からは高梨のフォークボールを左前へ。貴重な追加点をもぎ取り「走者を還そうと思い打席に向かいました。いいとろこに飛んでくれた」とうなずいた。

 7回には風張から中前打を放ち、今季初めての1試合3安打。5月は不振に苦しんでいた助っ人だが、今カードが始まる前にラミレス監督は「3番で使い続ける。神宮では非常に打っているし、復調してくれると思う」と話していた。指揮官の「予言」通りに、昨季の本塁打王がその打撃を取り戻してきた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース