日本ハム 清宮、復帰後初アーチ!2軍戦で右翼席へ一発

[ 2019年5月19日 14:52 ]

イースタン・リーグ   日本ハム―DeNA ( 2019年5月19日    平塚 )

復帰後初本塁打を放つ日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が19日、平塚で行われたイースタン・リーグのDeNA戦で復帰後初本塁打を放った。

 5回先頭の第3打席。カウント2―2からDeNAの3番手・綾部が投じた125キロの変化球を引っ張った。打球は右翼席に飛び込み、今季公式戦1号弾。右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から復帰後、第6戦目で飛び出した快音に、ダイヤモンドを1周した後はナインとハイタッチを交わして喜んだ。

 第1打席、第2打席はともに四球だった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース