西武 終盤の一発攻勢で快勝!ドラ1・松本航はプロ初登板初勝利

[ 2019年5月19日 16:32 ]

パ・リーグ   西武9―3オリックス ( 2019年5月19日    京セラD )

<オ・西>7回表1死満塁から右越え6号満塁本塁打を放つ森(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武は終盤に森の満塁弾、外崎の2ランでオリックスを突き放し9―3で勝利し、借金1とした。ドラフト1位・松本航はプロ初登板で初勝利を挙げた。オリックスは借金7となった。

 西武は3回1死一、二塁から外崎の中前適時打で先制。4回2死三塁から栗山の適時二塁打、木村の右前適時打で2点を加えた。その後、1点差に迫られたが、7回1死満塁から森が右越え6号満塁本塁打を放ち一気に点差を広げた。8回1死一塁からは外崎の右越え7号2ランで加点した。

 投げては、プロ初登板の先発・松本航が5回4安打2失点でプロ初勝利を挙げた。

 オリックスは3点を追う5回1死二、三塁から小田の左前適時打、中川の中犠飛で2点を挙げ1点差としたが、4番手・小林が踏ん張りきれなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月19日のニュース