巨人ゲレーロ、精神面見直し先制2ラン「失敗をいかに次の打席に生かすか」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―1中日 ( 2019年5月18日    ナゴヤD )

2回無死二塁、左越えの先制2点本塁打を放つゲレーロ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・ゲレーロが2回無死二塁から、先制の5号2ランを放った。柳の直球を左中間席へ運び「内角の球にうまく腕をたたんで良いスイングができた」と話した。打撃不振で6日に出場登録を抹消されたが、2軍で3試合連続本塁打。早期の1軍昇格をつかみ取り、先発復帰2戦目で結果を出した。

 打撃練習では広角に打ち分ける新たな姿を見せ、メンタル面も見つめ直した助っ人は「失敗することはある。いかに次の打席に生かすか」と話す。原監督も「流れがどちらに行くんだろうという時に良いホームラン。打った瞬間。練習の通り」と称えた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月19日のニュース