右手リハビリ中 日本ハム・清宮が素振り再開「まだ違和感ある」

[ 2019年4月3日 05:30 ]

千葉・鎌ケ谷で練習し短距離走を行う清宮(右)
Photo By スポニチ

 右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折し、リハビリ中の日本ハム・清宮が、バットによる素振りを再開した。先週末から行っていることを明かし「軽く振るくらい。まだ違和感はありますけど、これから慣れていければ。(回復具合は)順調かな」。新元号の「令和」についても触れ、「(令和時代で一番になりたいのは)やっぱり本塁打の数。打てるだけ打ちたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース