東邦・最終年エース石川、意地見せた2失点完投「負けられない」

[ 2019年4月3日 05:30 ]

第91回選抜高校野球準決勝   東邦4―2明石商 ( 2019年4月2日    甲子園 )

完投勝利で決勝進出を決めガッツポーズの東邦・石川 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 球威抜群の直球を軸に、フォーク、スライダーを織り交ぜて、東邦のエース・石川が2失点完投。「相手は2年生エース。絶対に負けられない」と中森との投げ合いを制した。3―0の8回に2ランを浴びたが、最後は中森を空振り三振に仕留め、力でねじ伏せた。

 1年秋から4番を任され今大会も2回戦・広陵戦で高校通算43号ソロ本塁打を放ったプロ注目の強打者。この日は4打席凡退で2試合連続無安打だが、「なんか最近、投手になっちゃったというか、打てなくても投球で頑張ればいいと切り替えられるようになってきた」と投打の大黒柱を担う主将は胸を叩いた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月3日のニュース